電気通信主任技術者総合情報

電気通信主任技術者総合情報バナー

電気通信主任技術者資格とは通信ネットワークの工事,維持,運用を監督する国家資格です。
 当サイトは、電気通信主任技術者資格とその国家試験を中心に解説する個人サイトです。

[資格分野-電気・電子・有線・無線・情報・電力・土木・海洋工学の各分野を含む総合資格です]

試験日程情報
試験実施回 試験実施日 願書受付期間 解答発表日 合格発表日
R02年度第1回 中止 - - -
R02年度第2回 R03.01.31(日) R02.10.01–11.05 (初回経歴免除〆10月21日) R03.02.03頃 R03.02.22頃

最新情報/更新履歴

(2020-05-14) 本日、7月期試験中止デ協より周知されました (PDF)。1月期試験への振替か返金となっています。近日中に総務省から科目合格延長の告示が出るものと思われます。電通主任の全面試験中止は史上初です。

(2020-05-09) 試験申込みが終了しました。非常事態宣言延長を受けてネット上では試験中止の予想も出ています。ただ、現時点では公式発表は皆無のため何とも言えない状況です。なお、同じく総務省系で7月実施予定の無線従事者試験(陸上無線技術士)は中止が決定しています(日本無線協会)

(2020-04-08) 4/8付けで5/24実施予定の工事担任者試験中止(PDF)がアナウンスされました。次回振替または返金の措置です。科目合格延長(PDF)についての周知もあり。(元は4/8付け官報 令和2年総務省告示第132号(PDF))。工担試験が全面中止となるのは史上初です。

(2020-04-05) 永澤 一也様から受験体験談(線路)を頂きました。

(2020-04-04) 工事担任者の5月期試験の周知PDFが4/1付けでデ協から出ています。5月試験を受験しない場合は手続き不要で自動的に11月に振替になるとのこと。新型コロナの影響で問い合わせ対応や混乱を避けるための特別措置に見えます。(法的措置による科目合格延長の有無は不明ですが、過去の通例から総務省告示が想定できるパターンです。)

(2020-04-04) 4/4日-5日に実施予定だった無線従事者試験(アマチュア)が試験前日夜になって急遽中止となり、混乱している様子です。千人近い受験者に対し深夜の電話等で対応したものの、全員への周知が間に合わなかった模様。報道によると総務省と協議した結果とあります。↓に関連リンク。報道が発端になった可能性あり。

(2020-04-04) 産経新聞 4/3 「(独自)週末のアマチュア無線の国家試験実施へ 国の方針に批判も」, 産経新聞 4/4 「アマチュア無線の試験、急遽中止に 受験者への通知間に合わず」 , hamlife.jp「<1アマはきょう4日、2アマはあす5日に開催予定>日本無線協会、4月期の上級ハム国家試験を急遽「中止」に」, (日本無線協会)

(2020-04-04) 4/1付けでデ協養成課程(eLPIT)のDD2種コース廃止が周知されました(周知PDF)。総務省から昨年10月にDD2種,AI2種は廃止の素案が出されているものの、改正に至らない状態で廃止されたことになります。(そもそも受講者がいなさそうなので影響はゼロと思われる。)

(2020-04-01) 試験申込み開始です。新型コロナ影響は不透明ですが、5月の工担ではコロナに備えた周知PDFが公開されています。過去、麻疹で急遽の会場変更(H20-1工担/金沢)や新型インフルエンザ影響(H21-2工担/予定通り実施)があったものの今回の影響は未知数。(災害等の特別な事情があった際、電通主任/工担では事情に応じて法的な科目合格期間延長、延期日程での実施、次回試験への振替、返金、受験地変更の措置例があります。)

これ以前の更新情報を見る

コンテンツ

作者と連絡先

作成:浅瀬野
mail-address

一応、移動体関係の(現場)技術者です。